アスク井上クリニックで植毛 ハイブリッド自毛植毛“i-SAEF”

top_img003
植毛界のレジェンドと言われている

院長の井上浩一氏が患者一人ひとり

丁寧に診察、治療を行う評判のクリニックです。

院長の井上浩一氏は熊本大学医学部卒業後、

都内大手クリニック等で院長を歴任。

米国で自毛植毛を学び、満を持して、

50代を迎えた井上氏が自身の

アスク井上クリニックを開院しました。

クリニックは新しいですが、

井上氏は薄毛治療に関して

20年以上のキャリアを持つベテランで、

FUE法の進化版『i-SAEF』が特徴です。


アスク井上クリニックで行なっている手術法は

i-SAEFと言いますが、i-SAEFは簡単に言うと、

FUE法の進化版といったイメージです。

一般にFUE法は「切らない」手術法として

日本では人気があるのですが、

技術力のないクリニックでは、不自然な手術痕や

ドナーの切断率の高さ等から、

あまり勧められる術式ではなかったのですが、

この2つを最低でもクリアしたオリジナルな

手術法が日本のクリニックでも注目されています。
 

代表的なものとして、アイランドタワークリニックの

i-ダイレクト法がそのひとつですが、

アスク井上クリニックで行なっている

i-SAEFもFUE法の進化版として注目されています。
 

アスク井上クリニックで行なっているi-SAEFは、

ドナー採取に使う機械に特徴があり、

通常のFUE法で生じる米粒のような不自然な

手術痕が小さくなり、ドナーの切断率が飛躍的に

低く納まります。

※詳細については、公式HPをご覧いただければ幸いです。
 

また、i-SAEFでは、超微細でナチュラルな

生え際のラインを作り出すのですが、

これを実現する為に、

FUT法でおなじみのマイクロスリット、

マイクロパンチ、ニードルを自在に使い分けます。

その為、i-SAEFは熟練した技術を習得する

必要があります。
 

さらに、i-SAEFは1回の手術で最大4,000グラフト

(毛髪約1万本)の移植が可能
と言います。

FUE法はメガセッションに向かないと思われがちですが、

進化版のFUE法ではこのようなことも可能となるのです。
 

色々なクリニックから、

FUE法を新しくした技術が発表されていますが、

アスク井上クリニックのi-SAEFも

間違いなくそのひとつとして存在しています。


なお、i-SAEFにはドナー採取にあたり、

後頭部を刈り上げる「ハイブリッド自毛植毛 i-SAEF」と

後頭部を刈り上げない「アンシェーブン i-SAEF」に分かれます。


気になった方は、無料カウンセリングで

相談してみては如何でしょうか?!

最新情報をチェックしよう!
>ビジネスまとめブログ -スキルアップ編-

ビジネスまとめブログ -スキルアップ編-

転職や英会話取得によるスキルアップや不動産投資、保険の見直し等、収入アップのお力になれるコラムを配信しております。

CTR IMG